トヨタのアルファードを中古車の状態で買ったが乗り心地に絶賛、 

2年ほど前に、トヨタ専門の中古車センターでアルファードを購入しました。 トヨタのアルファードは、クラスGの4輪駆動であり色は白色系で好みの色合いでした。
元より、私自身もそうですが我が家では、ある種の家族の事情もあって初めの頃は、日産のワンボックスというかミニバのセレナに乗っていたのでした。

ところが、隣町に住む娘がミニバンの掘り出し物があると云うので訪ねて行ったところ、トヨタの中古ではあったが、待ち兼ねていたトヨタのアルファード・Gのしかも4輪駆動を購入するはめになってしまったのです。

購入の際に確かめてみたのですが、確かに登録年こそ10年近い感じで古かったけど、外観や外装などは充分に光沢もあって、特に我愛感などはスリ傷や凹みやも無く、更に、気に入ったのが登録年式に比べて、総走行距離が非常に少なかったのです。

聞くところ何でも、前回まで所有していた持ち主が、かなり大切に大事に乗っていたらしいのですし、保管状態も自宅の専用車庫で雨などに打たれること無く、従って塗装なども充分に艶が残っていたのです。 つまり、保管状態が非常に良く、車内も手垢や擦り傷などは全く無く、まるで新車のような錯覚をするような車だったのです。

その他にも、アルファードの特徴としては車内のユッタリ感や広さや大きさ、其れに電動式カーテンや運転席など充分な装備も備わっていて、この車種に関する限り室内外とも装備関係においても申し分なく、何より、走行性が非常に安定していて騒音も無く、私のような年寄りに優しい車と感じたのでした。

実際の処、住いが神奈川県厚木市なので日産のホームでもあり非常に縁のあるところでもあったので、初めの頃は日産社のミニバンである大型車のエルグランドを目標に探していたのですが、そして特にこのあたりでは日産車が多く見受けられていて、街中でもかなりエルグランド見かけて疾走していたようですが、よくよく見ると此の車の外観や造りなどは角ばった感じで、何と無く好きにはなれなかったのです。

そんな時に、最近ではどちらかと言うと高速道路で遠くに出た時などに気がつくのは、トヨタのアルファードもよく見かけるようになったことです。 此のトヨタのアルファードは形は流線的でなめらかな感じを受け、スピードにも安定性が有るように思われたのです。

そして、対極にあるエルグランドはその点、形からするとトヨタのアルファードには見劣りがするような気もしたのです。 更に、最近では同じトヨタ車でも更にメインとなるような同クラスの「ヴェルファイヤー」という車が発売されているようですが、しかし、今現在ではやはり圧倒的にトヨタのアルファードが有利に展開しているようですね。

コメントする