トヨタのアルファードを中古車の状態で買ったが乗り心地に絶賛、 

2年ほど前に、トヨタ専門の中古車センターでアルファードを購入しました。 トヨタのアルファードは、クラスGの4輪駆動であり色は白色系で好みの色合いでした。
元より、私自身もそうですが我が家では、ある種の家族の事情もあって初めの頃は、日産のワンボックスというかミニバのセレナに乗っていたのでした。

ところが、隣町に住む娘がミニバンの掘り出し物があると云うので訪ねて行ったところ、トヨタの中古ではあったが、待ち兼ねていたトヨタのアルファード・Gのしかも4輪駆動を購入するはめになってしまったのです。

購入の際に確かめてみたのですが、確かに登録年こそ10年近い感じで古かったけど、外観や外装などは充分に光沢もあって、特に我愛感などはスリ傷や凹みやも無く、更に、気に入ったのが登録年式に比べて、総走行距離が非常に少なかったのです。

聞くところ何でも、前回まで所有していた持ち主が、かなり大切に大事に乗っていたらしいのですし、保管状態も自宅の専用車庫で雨などに打たれること無く、従って塗装なども充分に艶が残っていたのです。 つまり、保管状態が非常に良く、車内も手垢や擦り傷などは全く無く、まるで新車のような錯覚をするような車だったのです。

その他にも、アルファードの特徴としては車内のユッタリ感や広さや大きさ、其れに電動式カーテンや運転席など充分な装備も備わっていて、この車種に関する限り室内外とも装備関係においても申し分なく、何より、走行性が非常に安定していて騒音も無く、私のような年寄りに優しい車と感じたのでした。

実際の処、住いが神奈川県厚木市なので日産のホームでもあり非常に縁のあるところでもあったので、初めの頃は日産社のミニバンである大型車のエルグランドを目標に探していたのですが、そして特にこのあたりでは日産車が多く見受けられていて、街中でもかなりエルグランド見かけて疾走していたようですが、よくよく見ると此の車の外観や造りなどは角ばった感じで、何と無く好きにはなれなかったのです。

そんな時に、最近ではどちらかと言うと高速道路で遠くに出た時などに気がつくのは、トヨタのアルファードもよく見かけるようになったことです。 此のトヨタのアルファードは形は流線的でなめらかな感じを受け、スピードにも安定性が有るように思われたのです。

そして、対極にあるエルグランドはその点、形からするとトヨタのアルファードには見劣りがするような気もしたのです。 更に、最近では同じトヨタ車でも更にメインとなるような同クラスの「ヴェルファイヤー」という車が発売されているようですが、しかし、今現在ではやはり圧倒的にトヨタのアルファードが有利に展開しているようですね。

私が妻よりもアルファードを選んだ理由、それは誰しもが持っている欲望だった

ある夏の日。
私の中にふつふつとした欲望が、汗とともに湧き立ってきていた。

「乗りたい。」

私は通信系の会社に勤める30代のオヤジだ。
2年前、出入りの派遣会社の女の子を捕まえてようやく結婚したばかり。
住居は、仕事の関係上、都心へのアクセスに困らない埼玉の浦和だ。

結婚して、家も買って、(ローンだが)そろそろ子供でも、、という時期だけど、その前に私は車を買った。アルフォードだ。嫁に内緒で買ったので、こっぴどく叱られて、その日は家を追い出されたが、かってしまったものはしょうがない。

毎朝5時に起きて、満員電車に揺られながら通勤する私は、会社につくころにはプールにでも入ってきたのかっていうぐらいびしょ濡れで、会社の若い女の子なんか絶対に近寄ってこないんだ。この間なんか、私に書類を渡す時だけ、女の子が白手袋をつけていたことにようやく気付いたぐらいだ。上司からは「びしょ濡れくん」と呼ばれ、女の子からは「近づかないでください」としか言われない私だが、そんな私にも、生きている一つの理由がある。

それが、アルフォードだ。

アルフォードをあえて例えるならば

それは、私の城であり、
それは、私の夢であり、
それは、私の糧であり、
それは、私の愛であり、
それは、私の生涯の伴侶である。

つまるところ、私にとってかけがえのない愛の形なのだ。

なにをばかなと思われるかもしれないが、家族からも病原菌のように扱われ、会社からは貧乏神のように崇められている私だが、アルフォード、君だけは違った。
君だけは、なにも言わず、私を受け入れてくれた。
君が鳴らすバイブス(エンジン音)は私が聞いたことのなかった愛の調べのようだった。君はどうしても嫉妬深いよね。
ドアを閉じれば、私と君だけの何人も立ち入ることのできない二人の世界が創造される。
そこで私は食べて、寝て、たまにトイレに立ち寄って、そんな生活を夢想したよ。

いや、実はすでに現実のものとなっているんだ。
実は私はすでに会社を辞め、家を捨て、妻を捨て、アルフォードとともに生きる道を選んでいる。
そう私はアメリカにいる。
アメリカの大地を、広大な原野を、わたしはアルフォードとともに走っている。
その理由は、アルフォードを販売しているなんとかとかいう会社が、「アルフォードのキャンペーンCM アメリカの大地をアルフォードと共に渡れる方、募集」という広告につられて、応募してみたら、受かったからだ。
アメリカの航空券を渡された時、私は思った。
(なぜ、こんな企画がCMで選ばれたのか。。それはアルフォードと共に生きる、アルフォードを愛してやまない男としての生き様が、人々に感動と力と共感をよび集めるんだろう。。それならばやってやる。俺には女なんかいらねえんだ。)

これから始まるアメリカの旅、なくてはならないのはあなたのアルフォード。
新しいことに挑戦しようとするあなた、アルフォード、おすすめです。

アルファード、私の体の一部。えっいや変態じゃないし普通だし

今日はコンビニ、明日は隣町明後日は・・・・。
今日は手帳を買ってしまいました。
ある予定を書く予定表にするためです。
その予定とは・・・アルファードに乗って行く場所!
アルファードへの愛情が大きすぎたのか手帳を10冊も余分に買ってしまったけれど気にしません。
アルファードの大きくてダンディーなボディなら、手帳10冊程度なんの重みにもならないもの。

 

「アルファードにはいるかどうかが基準なんておかしい!」ですって?
いやいや。
「アルファードにはいるかどうかが基準じゃないなんておかしい!」んですよ。
最近家を売りました。
アルファードに住むからです。
最近ガソリンスタンドを買い上げました。
アルファードちゃんのお食事のためです。
すべてはアルファードのため。

 

ああ、アルファードのことを考えていたらなんだかドキがむねむねしてきちゃった。
いや、むねがドキドキ、か。
あまりにドキドキしてしまったせいで逆になってしまいましたね。
もはや体の一部。

 

そういえば、アルファードの外に出た時はもう結構前だった気がします。
確か・・・20年前だったかな?
ある日、アルファードに乗ってドライブ、いやdriveしてたときのこと。
あれは風の気持ちいい日だったわー。

 

私はその日、アルファードのボディが傷ついたり汚れてしまうのがすごく嫌で、それだったら全身を覆ってしまおう!と考えてボディに新聞紙を貼ってdriveしていたんです。
そしたら、なんだか金ぴかで桜型をした飾りをつけた帽子を被ったお兄さんが白くて、あんまりイかしてないバイクに乗って近づいてきたんです。そういえばそのバイクにも桜型の飾りがついてたきがします。

 

そのお兄さんったら失礼で、「そこの変な車!止まりなさい!大型車!新聞紙を貼った人!!!」
なんていうのよ。
それだから止まったの。
文字通りその場で。
急ブレーキよ急ブレーキ。
そしたらぶつかってきたんです!私の大切な大切なアルフォードにぶつかってきたんですよ!?信じられます!?怒りのあまりにアルフォードから飛び出して傷ついてないか確認しましたよ。

 

そしたら・・・傷ついてたんです。

 

私号泣しちゃいました。
人生で一回も泣いたことないのに泣いちゃいました。
それからは一回も外出てないですね。
そういう変なお兄さんとも出会いませんし・・・あれ?その一件から新聞紙外したからかな?新聞紙が原因だったのかな・・・?
実はそのあと、警察に連れてかれたんですよね。もしかしたらあの方・・・警察官?
ああ、どうでもいいや。
アルフォードがいれば。

アルファードは私にとって家族の絆を深めるための車であると思っています

私は現在家族7人で暮らしています。
家族みんなでかけることが好きなので、よくドライブに出かけます。
我が家の車はアルファードです。
家族全員が乗っても、安心な車と言うことで選んだのですが、とても素晴らしい車です。
何が素晴らしいかと言うと、長距離運転をしても疲れにくいということです。
以前は別の車に乗っていたのですが、長距離運転をするととても疲れてしまいました。
しかも、家族7人が乗ると重くなり、上り坂になると進みが一気に鈍くなってしまっていました。
なので、後ろの車に迷惑をかけており、申し訳ないと言う気持ちで運転していました。
つまり、精神的にも肉体的にも疲れる車だったのです。

我が家の家族構成は、私と妻、私の両親、祖母、私の息子2人です。
家族7人でもよく出かけるのですが、妻と息子2人と出かけることも多いです。
4人でアルファードに乗ると、余裕が生まれるので、息子たちは後ろの座席で動き回っています。
あまりに動き回るので、おとなしくしてもらおうと思い、叱ることもあります。
でも、元気よく動く回れる広さがあるということは、すごく良いことだと思っています。
長距離運転をして、買い物をするためにショッピングセンターに入り、妻と息子2人は買い物に出かけて、私は車で一休みすることもしばしばあります。
後ろの座席は広いので、足を目一杯のばして寝ることができるのがメリットです。
なので、少し寝ただけでも疲れを回復することができます。
家族4人横になることも可能なので、車中泊を含んだ旅行をしたこともあります。
オートキャンプ場に車を停めて、夕食はバーベキューをしました。
息子2人にとって、アウトドアはほとんど経験したことがないことなので、とてもうれしそうでした。
息子には外に出る楽しみを覚えてもらいたいので、こういったことをどんどん経験してもらいたいと思っています。
お風呂は近くにある、日帰り入浴ができる施設を探して行くようにしています。
家のお風呂と違い、広いお風呂なので、息子たちははしゃいでいました。
そして、夜は家族でアルファードの中で寝ました。
すごく貴重な体験だったので、息子たちにもまた経験させたいです。

私にとってアルファードは、家族の絆を深めるための車だと思っています。
アルファードを利用すれば、家族7人を乗せて移動することができるので、便利です。
車内でのわきあいあいの雰囲気は、私の生きがいとなっています。
今後もアルファードには活躍してもらいます。

念願叶って初めてのアルファードを購入することができました。

約6年前くらい前からアルファードが欲しくて欲しくてたらない出来事がありました。
それは、子供の部活でご一緒のファミリーにBBQに誘われて、とある場所へ行く時に車で迎えに来てくれるとのことでした。

すると、私たち親子の前に現れたのは、とってもカッコイイ車に乗った仲良しファミリーでした。

私たちは本当に粗末な格好をしていたので、こんな格好でこの高級車に乗ってもいいの?と言うのが、私とアルファードの出会いでした。

我が家のファミリーカーはとても狭いので、アルファードの内装の広さと、豪華さにすっかり魅了されました。

後日、お礼を兼ねて友人宅へお菓子を届けながらお邪魔すると、玄関前には黒く光ったあのアルファードが駐車してありました。

友人にすっかりこの車に魅了された事を伝えると、彼女も以前よりアルファードが大好きで、今ので二台目だそうです。
一度は違う車に乗り換えたそうですが、すぐにアルファードの方が良い事を夫婦で再確認したとのことで、変えた車は約10ヶ月で手放して、またアルファードを購入したとのことでした。

友人にはもし、家が車を買い替えられるようになったらアルファードを真似していいか?と聞いたら、是非是非乗ってよ~と快く言ってくれましたので、それからはいつかはアルファードのファミリーカーとして乗りたいという野望を持っていました。

カタログ請求をしたり、夫と車屋さんめぐりをしたりと、散々アルファード生活をしてきていたので、夫も次に車を買うならばアルファードということは決めていてくれたので、話はどんどん2人で膨らんでいきました。

あとはある程度、頭金がたまったらいよいよGOだと感じていました。
そんなある日、実家へ久しぶりへ泊り行きました。

父親も車が好きなので、車の話になりました。私が次回はアルファードを乗りたいと決めていると話をすると、なんと購入する為の頭金を出してくれるというのです。

本当にいいの?と思いましたが、母親が言うに、父親に甘えるのは親孝行だと言ってくれたので、頭金を出してもらいました。

そして遂に念願叶って我が家にもアルファードが来たのです。
ボディーカラーはホワイトのハイブリットGを選びました。

とうとう納車される日はテンションもかなり上がり、家族4人でディラーさんへ伺ってしまいました。

帰り道は初のドライブで横浜へ行きました。
ホテルで食事をしましたが、今までファミリーカーでホテルへ行っても特別感がありませんでしたが、アルファードでホテルへ食事へ行ったら気持ちも引き締る気持ちになりました。

今は毎日、ガレージへ行ってアルファードを眺めてしまう毎日です。

 

ちなみに、アルファードを引退させたら、次はフィットに乗ろうかと考えています♪

http://fit-mania.com/